美味!!?「漢」の食生活blog
一人暮らしの大学生が男の料理を「美味度」と「漢度」で判定します!

スポンサーサイト
--年--月--日 | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綿谷りさのサイン会
2006年01月05日 | 編集
あこがれ


今日は読みたい文庫本があったので、
ちょっと府中の駅前の本屋まで出かけました。
そしたら、たまたま綿矢りさのサイン会が開かれてました。
あの「蹴りたい背中」を書いた姉ちゃんです。




実物を見たんですが、
普通に綺麗で、声が少し高めなのですが、
何だか清楚というか、とても上品でした。


僕は結構ミーハーなので、
彼女の新刊、『夢を与える』って本を買って、
サインしてもらいたい衝動に駆られました。


こんな廃れたオッサン相手にも(※僕のが2つ年下)
サインとか握手とかしてくれるのかなぁー、
とか、

「今度おじさんも、
『めでたいモナカ』って本出すよ!
お互い執筆活動頑張ろうねっ!」って、
腐ったダジャレを浴びせてやろーかなぁー、
とか

色々夢想してたんですが、


―サイン会整理券の配布は終了致しました―


という、
朝青龍の張り手より
キツ目の貼り紙を見つけて、
凹みマクリスティでした。


あの時の感情を例えるなら、
部活後の中学生が、
凄い腹をすかせて家に帰ったのに、
その日の晩御飯は煮物でーした。
ジャンジャンっ♪
みたいな、
それくらい凹みました。


むしゃくしゃしたので、
論語に関わる新書を衝動買いしてやりました。


せっかく買ったんだから
一晩にして悟りを開いてやろうと決意したのに、
何が書いてるのかサッパリです。


綿矢りさにサインしてもらえず、
目当ての文庫本シカトで論語の本買ってしまった後の、
この何とも言えないもどかしさを
後世に伝えんといけん、
みんなで伝えていかんといけん(宮崎県知事風)、
と思い、日記に綴るに至りました。


本日は誠におめでとうございました。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
美味!!?「漢」の食生活blog since 2005.10.25